©2019 by Digital Government Labs

Digital Government Labs

デジタルガバメントラボ

自治体のデジタルガバメントを実現

 

最新の記事

ニュース

 
チームトーク

​賛助会員の募集を開始

2020年3月27日

賛助会員の募集を開始しました。
ページ下部「賛助会員のご案内」よりお申し込みください。

コンピュータープログラミング

私たちの活動

Digital Government Labsは、自治体におけるデジタルガバメントの実現を目指して、官民問わず広く共創するための枠組みとして活動していきます。
また、活動を通じて得たノウハウや研究成果の横展開を、社会実装へとつなげるべく、意欲ある団体や職員の皆様と共に進めてまいります。

 

主な活動テーマ

活動のベースとなる考え方は「利用者中心の行政サービス」。行政サービスの課題を「デジタル×デザイン思考」で解決していきます。

ワンストップサービス

死亡・相続ワンストップサービス

引越しワンストップサービス

​スマート自治体

行政手続のデジタル化・標準化

データ利活用

オープンデータ,EBPM,人材育成

情報セキュリティ

​セキュリティポリシー,個人情報保護

​デジタル手続法

住基・戸籍・マイナンバー等関係事務の適正な執行

 

メンバー

コアメンバーは現役自治体職員です

 

千葉 大右

代表理事

船橋市役所職員。情報システム課で住民記録システムの再構築プロジェクトに従事し、稼働後は住民記録システムと庁内連携基盤の運用を担当。平成26年に戸籍住民課に配属となり、一連のマイナンバー制度対応に携わる。平成29年には総務省業務改革モデルプロジェクト事業を受託し、窓口業務のBPRを実施した。平成30年から総務省地域情報化アドバイザーも務める。

遠藤 芳行

副代表理事

大田区役所職員。情報システム課で住基システム、戸籍システムなどの運用保守や開発を担当。その後、総務課情報セキュリティ対策担当として、住民基本台帳業務の特定個人情報保護評価や住基ネットのセキュリティ対策等を実施した経験から、平成27年から29年まで法務省戸籍システム検討ワーキンググループの委員を務める。現在は福祉管理課で福祉管理システムを担当。

矢島 征幸

​理事

五霞町役場職員。政策財務課でマイナンバー制度を担当し、「マイナンバー・マイナンバーカード広報大賞広報企画部門」で大賞を受賞。マイナンバーカード交付率で全国有数の実績を残す。地方公共団体の非識別加工情報の作成・提供に係る効率的な仕組みの在り方に関する検討会(総務省)、地方公共団体の個人情報保護制度に関する懇談会(個人情報保護委員会)等の委員を歴任。

​このほか複数の自治体職員、自治体職員OB、民間人が参加しています。

賛助会員のご案内

​私たちの活動を応援してください

お申込みにあたっては入会案内をよくお読みいただき、当会の活動趣旨をご理解のうえお申し込みください。

 

個人賛助会員

入会金なし 年会費 3,000円

個人申込フォームからお申込みください。
折り返しメールで会費の納付等についてご案内いたします。

団体賛助会員

入会金なし 年会費 一口50,000円

団体申込フォームからお申込みください。
折り返しメールで会費の納付等についてご案内いたします。

書面によるお申込み

団体のご担当者様へ

手続きの都合上書面でのお申込みをご希望の場合は、下記入会申込書にご記入のうえ、メールに添付して送信してください。
送信先 digitalgovlabs@gmail.com

お問い合わせ

特定非営利活動法人 Digital Government Labs

​法人番号 1010005031328

東京都千代田区神田錦町3-7-1 興和一橋ビル5階

 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now